MENU

産経オンライン英会話について

英会話を習いたいなら、オンライン英会話はいかがでしょうか。
そこでお勧めしたいのが、産経オンライン英会話です。

 

受講までのステップが結構簡単なので、初めての人でも使いやすいのではないでしょうか。
まずは、当たり前かもしれませんが、無料会員登録からです。
無料というのが良いですね。

 

無料会員登録ページはこちらから

 

登録にお金がかかるとなると、少し躊躇してしまう人もいるかもしれません。
1分ほどで出来るので、忙しい人でも大丈夫でしょう。
次に、講師を予約します。
誰がいいかなと悩んでしまうかもしれませんが、悩んでいても仕方ありません。
最初は、講師のプロフィールを見て、得意分野や趣味が合うとか面白いと思ったとか、そういうところからで良いと思います。

 

まずは誰にするか決めないと、どうしようもありません。
そして、スカイプを準備します。
オンラインなんだからネットが繋がっていればいいのではと思う人もいるかもしれませんが、スカイプがないとどうしようもありません。

 

ですので、予めダウンロードしておくと良いかもしれません。
ちなみに、レッスン開始5分前には立ち上げておくことをお勧めします。
講師からはスカイプを通して、連絡先追加のリクエストが来ます。
表示に従って追加をすることを忘れないようにしてください。
それが終われば、とうとうレッスン受講となります。
日常英会話やビジネス英会話、TOEIC対策など希望に合ったものを受けることが可能となっています。

 

ではレッスンが終わったらどうするのかというと、もちろんそこで終わらないのが凄いところです。
なんと、レポートが届く仕組みとなっているのです。
講師からのメッセージだったり、レッスン中に使われたセンテンスなどが24時間以内に届くようになっています。
これなら復讐も出来るということです。
学びたい人にとってちゃんと学べる仕組みになっているのが嬉しいですね。
レッスンのみで終わらないのはありがたいものです。

 

しかも、レッスン時間もかなり幅広く設定されています。
なんと、朝は5時からです。
これなら、朝が早い人ならその前にレッスンというのも可能ですし、逆に仕事は夜だから帰って寝る前にレッスンという使い方も可能です。

 

ちなみに、深夜は25時までです。
これなら、仕事から少し遅く帰っても大丈夫ですし、夜にかけてバイトをする学生なんかでもレッスンを受けられます。
色んなライフスタイルに対応しているというのはありがたいですね。
これなら、利用したいと思う人もたくさんいることでしょう。

 

公式サイトを見てみる

 

産経オンライン英会話であなたもすぐに英語が話せるようになる

なぜ英語が口からでないのかを知っておく

 

英語を学生の時にあんなに勉強したのに今だに外国人の前に出ると英語が口から出てこないという人いませんか。

 

日本人の多くは英語を長期間勉強したのにいざ実践では英語が口から出てこないという悩みを持っています。
なぜ英語をしゃべれないのでしょうか。まずその原因を知っておくとこの問題を解決しやすくなります。

 

その原因にはおおよそ3つあります。ひとつは私達日本人は英語がじゃべれなくても何の不自由もなく日常生活が送れる環境にいることです。

 

二つ目には、そのために学んだ英語を実践的に話す機会がほとんどないことです。
そして三つ目に英語を受験科目として学んできたことが大きな原因なのです。

 

英語は一般の人にとっては学問ではなく母国語が違うもの同士がコミュニケーションするための道具に過ぎず、しゃべることに慣れることでしゃべれるようになるのです。

 

学校で学んだ内容自体が間違っているではありませんので、英語がしゃべれない原因を取り除けばしゃべれるようになりますということなのです。

 

英語をしゃべれるようにする方法とは

今挙げた原因を解決する方法はいろいろとあると思いますが、コストパフォーマンスが高く即効性があるのがオンライン英会話です。

 

オンライン英会話がどのように良いのかを産経オンライン英会話を例にとって具体的に見ていきましょう。

 

産経オンライン英会話はインターネットのスカイプを使って1対1でいつでもレッスンが受けられる英会話プログラムです。

 

英語がしゃべれない原因は英語を実践的に話す時間をたくさん設けることで解決しますので高いコストのかからないこのプログラムは最適です。
産経オンライン英会話には3つのコースがあって毎日25分コースだと月々5537円、毎日50分コースだと9074円、土日の週末50分コースだと5537円です。毎日50分コースだと1レッスン単位(25分)のコストは何とわずか158円です。

 

これだったら気軽に実践的にしゃべるための時間を多く持つことができますよね。
駅前の英会話学校では考えられない安さです。さらにスカイプで自宅で受講できるし、時間も自由に予約できますから毎日でも続けることができるのです。

 

産経オンライン英会話の場合、最も重要な講師の採用基準がしっかりしていること、多くの教師が登録されているので自分にあった講師を選ぶことができるので安心です。

 

レッスン内容もTOEIC対策から日常英会話やフリートークなどバラエティに富んでいて、自分の好みあったレッスンを教材費無料で受講できるのでその時の気分でレッスン内容も変えられます。

 

中学校、高校と学んできた英語を活かして話すことに慣れるだけですから、毎日25分コースでも1か月もすると、英語を専門にするのなら別ですが英語でコミュニケーションをとるレベルならすぐにしゃべるようになるから驚きです。

 

そうそう、産経オンライン英会話は月契約なので気に入らなかったら1か月で退会できますから一度気楽に試してみることをおすすめします。

 

産経オンライン英会話の口コミ

・海外に住んでいても苦手だった英語が好きになりそう

 

現在、カナダで生活を始めたのですがなかなか英語が上達しません。
カナダで英会話学校にも通ってみたのですが授業のペースについていくことができず英語が得意になったと言えません。
というのも、他の生徒さん達がたくさん発言をしていて、日本人の僕はシャイだということもあってなかなか発言をするチャンスがつかめないからです。

 

そもそも、英語を身につけたくてカナダに来たのに、このままではいけない、と落ち込み、なんとか英語に対する苦手意識を取っ払いたいと思い、ネットで調べていたところ、産経オンライン英会話のオンラインマンツーマンレッスンを見つけました。
無料体験レッスンを受けてみたところ、自分に合っているなと感じました。

 

何が良かったかというと、先生をこちらで好きに選べる、という点です。
僕はあまり英語が得意ではないので、全て英語でのレッスンというのはどうもうまくいかないようです。
なので、日本語がある程度先生を選びました。これが良かったと思っています。
微妙なニュアンスの違いを日本語で教えてもらえることができたので、より深く理解することができました。

 

また、先生の年齢も指定することができます。
僕は少し年齢の上の人との方が話がしやすいので、年上の先生を選びました。
先生とのなにげない会話がはずんだように思います。おかげでたくさん発言することができたと思います。

 

毎日25分のレッスンが受けられて、たかだか6000円程度と費用があまりかからないのも魅力です。
毎日カフェでコーヒーを一杯飲むのが日課だったのですが、その時間で英会話レッスンを受けることで、金額的にはそれほど変わらず、英語も上達できるというのですごく役に立っています。

 

カナダでグループレッスンを受けて、オンラインサービスでマンツーマンレッスンを受けた僕からすると、マンツーマンレッスンの方が圧倒的に自分が主役になれる、会話を自分主体で進められるというメリットがあると感じました。

 

これだけ発言ができるのなら英語も上達すると思います。どこで勉強するかというよりも、どれだけ自分が積極的にレッスンに取り組めるか、ということの方が重要だと感じました。

 

まだ始めたばかりですが、このオンラインサービスで苦手意識が強かった英語が好きになれそうです。なかなかローカルな人たちとの会話に入っていく自信がないのですが、ここで英語を上達させることで、ローカルな人たちとも会話を楽しめそうです。

 

ありがとうございます。

 

 

公式サイトを見てみる